1950年

北海道生まれ。広告制作会社でグラフィックデザイナーとして勤務。その後独立。沖縄の伝統的な型染めである”紅型”を学ぶ。

1988年

どくだみの花に魅かれ、型染の技法を取り入れたステンシルで野の草花をテーマに作品制作開始。

1995年

那須の草花に囲まれた田舎暮らしにあこがれ、栃木県那須に移住。草花をモチーフにしたステンシルの作品をを精力的に制作。

著書

  • 「日本のモチーフを生かしたステンシル作り」(文化出版局 2002年)
  • 「森の暮らしレシピ」(小学館 2003年)
  • 「ステンシルで私ブランド」(文化出版局 2003年)
  • 「森からの贈り物 幸せなとき」(集英社Be文庫 2005年)
  • 「野菜をおいしく アイデア漬けもの」(家の光 2007年)

1950

Born in Hokkaido, Japan. Works as a graphic designer at an advertising agency. Then becomes self-employed. Studies Bingata, the traditional Okinawan technique of fabric dying.

1988

Becomes enchanted with dokudami flowers (Houttuynia cordat). Adopts a stencil-dying technique to develop wildflower themes.

1995

Admiring its rural lifestyle surrounded by flowers and plants, she moves to Nasu, Tochigi prefecture. Pours her energy into developing stencils with wildflower motifs.

Books

  • "Nihon no motifu wo Ikashita Sutensiru Tsukuri"(Stencilling with Japanese Motifs) (Bunka Shuppankyoku 2002)
  • "Mori no Kurashi Resipi"(Recipes from Living in the Woods) (Shogakukan 2003)
  • "Sutensirude Watashi Burando"(My own Brand with Stencils) (Bunka Shuppankyoku 2003)
  • "Mori kara no Okurimono Shiawasena Toki"(Gifts from the Forest -- Happy Times) (Shueisha Be Bunko 2005)
  • "Yasai wo Oishiku Idea Tsukemono"(Ideas for Pickling Delicious Vegetables) (Ienohikari Kyoukai 2007)
go to top